ESGホールディングスのSDGsへの取り組み

SDGsとはSustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。SDGsは2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標となっています。
SDGsは17の大きな目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットで構成され、この目標に賛同し、事業を通じた達成に向けて様々な側面からの貢献を目指します。

働きがいも経済成長も

人や国の不平等をなくそう

つくる責任つかう責任

パートナーシップで目標を達成しよう

ESGホールディングスが取り組むSDGsのひとつとして、障がい者雇用を積極的に行っているリベラル株式会社(特例子会社)とのパートナーシップがあります。

障がい者を多数雇用されている企業をパートナーとすることで、間接的ではありますが、SDGsが目指す就労支援、働きがいの創出、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進につながると考え、持続可能な社会の実現に向けサポートしていくことが、弊社の社会的役割と考えています。

※リベラル株式会社は「障がい者の仕事ぶりを世の中に拡める」という企業理念を掲げ、知的障がい者が中古OA機器(複合機・ビジネスホン・PC等)の清掃・修理を手がけ、新品同様に磨き上げられた再生OA機器を商品として生み出しています。知的障がい者を戦力として雇用し、社会へ発信することで、ひとりでも多くの障がい者が活躍できる世の中の実現を目指しています。また、障がい者の働きぶりを拡める事を目的とし、グループ会社でシェアオフィス「STAYUP横浜」を運営。限られた範囲の中でベストを尽くすという、知的障がい者から学んだ働き方を伝える活動をしております。

グループ会社のステップゴルフ各店舗で使用する備品(机、椅子、電話機、複合機、文具等)一式をリベラル株式会社へ発注し、納品時には細かいセッティング作業まで全て引き受けていただいています。その数は累計38店舗(2020年10月末日現在)に及び、さらにこれからも増える予定です。

協力会社のリベラル株式会社様

リベラル株式会社
https://www.riberal.co.jp/company/リベラル株式会社ECサイト https://www.oa-mouse.com/STAYUP横浜(ステイアップ)
https://stayup.jp/

すべての人に健康と福祉を

働きがいも経済成長も

ゴルフは年齢に関係なく、永く続けられるスポーツです。そんなゴルフを通して、健康寿命の促進に貢献していきたいとの思いから、ステップゴルフは誕生しました。 これからも、沢山の方にゴルフを身近に感じていただけるよう、地域に根差したインドアゴルフスクールの運営をしていけることを願っています。
※ステップゴルフは2020年10月末時点で通算70店舗目、累計入会者数31,000人を越え、多くのゴルファーの掘り起こしに寄与しております。

社員の健康を守ることも、企業としての社会的責任です。社員が健やかに、安心して働くことのできる環境を提供するために、できる限りの福利厚生を提供しています。
■各種予防接種の全額費用負担(インフルエンザ等)
■厚生年金以外の退職金制度
■401Kの導入
■社会保険以外の個別保険の加入など
健康だからこそ、社員も会社も輝く。働きがいもグループの成長も、社員の健やかさの上に成り立っていると考えます。

ジェンダー平等を実現しよう

人や国の不平等をなくそう

世代を超え、性別を超え、様々な垣根を超えて、誰もが楽しめるのがゴルフです。そんなゴルフを通して、地域や社会に愛されるコミュニケーションスペースを提供し、よりよい社会を実現するために、地域密着型のゴルフスクールを運営しています。

男性女性関係なく、10代から90代までの方に利用していただき、まさに、老若男女問わず、様々な世代が通えるインドアゴルフスクールとして、一人ひとりが尊重しあい、認め合う社会づくりに寄与したいと願っています。

女性の採用、責任者登用にも積極的です。女性であることを理由に不平等な扱いをすること、性別に基づく役割を強制することは、世界や社会の流れに反することです。「女性の活躍があれば、もっと社会は輝く」との思いから、女性の責任者(リーダー)登用、採用を行っています。
※本部在籍社員の約半数が女性。また、すべての人が活躍できる会社になることが、企業の存在価値を高めるものだと考え、時短勤務や在宅ワークも導入し、働きやすい環境を提供しています。